人気ブログランキング |

悲しいお知らせです・・



しじみ母です。




むーる君。
高脂血症の影響もあるのか
ずっと皮膚の状態も改善しなくて
この数か月、譲渡会も欠席していました。



舐めたり引っ掻いたりしないように
ずっとエリカラを付けて過ごさせ
エリカラはストレスだったと思います。。



夜のほんのひとときだけ
エリカラを外してあげて



(もっと外している時間を
増やしてあげればよかったのに。)



亡くなる2日前の写真。
寝ている私のお腹の上に
乗っているむー君。
むー君。甘えん坊だからね。




b0377882_11252503.jpg



この時は、まさか死んじゃう。
なんて思っていなくて



かきちゃん。カーテンレールの上から
降りて近くまで来られるようになりました。
の記録写真・・



私のお腹から降りて
エリカラをまた装着した後
むー君
しばらくその場でジッとしていたので



ん?大丈夫?
と、思いました。
様子見ていこう。



朝になるといつものように
ご飯を催促してきて
ぺろりと食べたので



よかった。大丈夫。
・・と思いました。



でも。その日の午後。
容態は急変し
緊急入院となりました。
(正しくは急変ではなく
この数か月徐々に下降していました。)



入院した翌日。
前回より数値の悪い血液検査の結果と
前回のエコーと比較しながら
今回のエコーも見せてもらい
前回臓器に薄っすらと映っていた白が
今回濃い白になっているのも見ました。



病院で出来る事は点滴だけだったので
明日も朝一番に点滴に連れて来るので
「今日は家に連れて帰りたい。」
と先生にお願いして
連れて帰ることにしました。



むー君!がんばって!
と、言える状態ではなくて



がんばったね。
何も心配しなくて大丈夫だよ。
ありがとね。
安心して。大丈夫だから。
こわくないよ。こわくない。
だいじょうぶ。だいじょうぶ。
もうがんばらなくていいよ。
って伝えたけれど



むー君は
最後まで
がんばってくれました。







薬を飲ませた印がつかないカレンダーを
見るだけで 悲しいです。



毎日薬をあげていたのは
父さんだったので
父さんもツライと思います。



夜はさちこのベットで寝ている事が多かったので
さちこも相当ツライと思います。



もともと、
もっと積極的な治療を!
と、考えていた長女は、
むー君のお通夜もただただ号泣し
むー君が亡くなってから私と喋っていません。



長男は
むー君のお通夜の日も
帰ってきませんでした。
むー君から癒しをもらっていたのに。
でも。彼はもともとそういう立ち位置です。








初七日を過ぎ
やっと皆さんにお伝えしなくては。
という気持ちになれました。





【大切なお金は、お家の子の
医療費に充ててもらいたい。】



これがむー君の遺志なので
むー君へのお花は
辞退させていただくことにしました。



むーる君を見守って下さった皆様。
本当にありがとうございました。



1才9か月。家の子むーる。永眠。



b0377882_14433610.jpg





Commented at 2019-07-16 16:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uniuniuniunishiji at 2019-07-16 18:32
☆鍵コメさん

むーるへ想いを寄せて下さりありがごうございます。はい。いまはしんどくないところでのんびり出来ていると思います。血管の中を流れているのが血液でなく脂だったので・・どんなにかキツカッタだろうと思います。一生薬を飲み続けながら低空飛行ながら安定して過ごせたらと思ってきたのですが・・他の治療法がある。という状態ではなかったと私は思っています。動物病院の先生もいつもむーるを大事に診て下さり感謝しかありません。メッセージを頂戴して思ったのですが、長女としては鍵コメさんがしっぽの子たちにしているように、私にもしてほしかったのだと思います。はい。むーる君。生き抜きました。精一杯。私もそう思います。>運命を受け入れて生きるしかない。鍵コメさんの母としての覚悟が伝わってきました。いつも
私たちのことも見守って下さり本当にありがとうございます。
Commented by くうの母 at 2019-07-17 12:08 x
むーる君、残念でした。
長生き=幸せとは思いませんが、あの時こうしておけば良かったとか、ああしなければ良かったとか。誰しも思ってしまいます。
それだけみんなが愛情を注いでいたってことですね。
むーる君、しじみ家の一員になれて、超幸運だったと思います。
Commented by uniuniuniunishiji at 2019-07-17 22:36
☆くうの母さん

こんなに早く逝ってしまうなんて・・こうしておけば良かった。ああしなければよかったと思ってしまうのですが、あの時は、ああしか出来なかった。という思いもあります。もっと早く家の子にしてあげればよかったという思いもそのひとつです。自分が病を抱えていたこともあってか、弱っている友達や人に寄り添ってくれる子でした。でした。と過去形に書くだけで泣けます。本当にいい子過ぎました。くうの母さん。もったいないお言葉までありがとうございます。ああ。むー君を抱っこしたい。( ;∀;)
Commented by クマガイショウコ (陽菜ママ) at 2019-07-21 21:49 x
2歳にも満たない むーる君。
もっともっと 生きたかっただろうな……。
もっともっと みんなと一緒に過ごしたかっただろうな……。
薬のチェックのためのカレンダーに その日をもって、記入がなくなる その事実に、目を背けたくなる つらいお気持ち、わかります。よく わかります。
愛する子たち(愛犬や愛猫)を 病気でなくした 家族は、看病・介護してるときの 一つ一つに、その子の存在が反映し、思いが宿りますよね。
むーる君のいない日々に、心落ち着かない状態が続くかと思いますが、一緒に過ごした時間は、あたたかく、とっても優しいものです。それが、まぎれもなく、慰めとなります。
むーる君の ご冥福を 心からお祈りいたします。
Commented by uniuniuniunishiji at 2019-07-22 18:17
☆クマガイショウコさん(陽菜ママさん)

むーる君に哀悼の意をありがとうございます。
私は死を寿として捉えているのですが(寿命より)
さすがにむーる君の年齢では寿・・とは思えないです・・

むー君に頂いたメッセージ共有させて下さい。
>綺麗な魂の子はとても忙しいんだそうです。
こちらでもあちらでも引っ張りだこ。
周りの魂を幸せ色に染めて、またすぐに他の魂を救いに行くのだそうです。だから一か所に長く留まる事が出来ないけれどとても大変で大切な役目があるのだと。

陽菜ママさん。むーる君を共に想って下さり
心からありがとうございます。いつもありがとう。
by uniuniuniunishiji | 2019-07-16 14:46 | Comments(6)