ちばわん愛護センターレポート 転載


しじみ母です。


新人ちゃん。
無事引き出してもらえ
我が家で静養しています。


預かりの打診に
「預かります。」と答えてから


キャロットちゃんってどんな子だろう?


迎える前に
保護犬猫団体ちばわんさんの
センターレポートを拝見させて頂きました。



いたいた。この子だ!



以下。転載させていただきます。




4月10日のレポートより転載。
☆キャロット

※4/10レポート初登場(4/2他抑留所より移送)
▽5146 茶 メス(不妊済) 4歳ぐらい 17キロ


顔のあちこちに小さな傷痕がたくさんあり、
少し強面なので男の子かと思いましたが
れっきとした女の子でした。
人馴れは問題なく、どこを触っても嫌がることは
ありませんでした。
左の脇腹には大きな傷もあり、何かと争ったのかと
思われるものでした。
きっと怖い思いをしたのでしょう。

見た目とは違って落ち着きもあり、大人しい子でした。
同じ部屋内にいる他のクレート内の子たちの前を通っても
特に威嚇したりすることもなく落ち着いていました。
お腹がすいているのか、しきりにフードの袋があるところに
興味を示して近づいて行っていました。
抱っこもすることができました。
環境に慣れてくればまた違った面が見えてくるかもしれません。
来週以降も様子を見てみようと思います。

b0377882_10531569.jpg
b0377882_10533803.jpg
b0377882_10540658.jpg
b0377882_10542567.jpg
b0377882_10543846.jpg

b0377882_10545903.jpg
b0377882_10553134.jpg
b0377882_10554936.jpg
b0377882_10561316.jpg




5月8日のレポートより転載。
☆キャロット
※4/10よりレポート登場(4/2他抑留所より移送)
▽5146 茶 メス(不妊手術済) 4歳ぐらい 17キロ

※相性はあるかもしれませんが
他の犬にとても優しいそうです。



b0377882_10572666.jpg
まるで男の子のような凛々しいお顔、無数の傷が強い印象を与えますが
元気に吠える子達の中でキャロットだけは物静かに
いたって穏やかに佇んでいました。
お顔だけでなく、左右腹部や太もも辺りに古い傷跡があります。
なにか大きな生き物と争った痕のような感じです。
でもこの子からは戦って生き抜いてきたような気の強さは感じられません。
b0377882_10570096.jpg

b0377882_10575284.jpg

無数の小さな傷が痛々しく、収容されるまでどんな生活をしていたのだろうと
胸が痛くなりました。
ハンドサインでおやつを「待て」できました。ピシッととてもきれいな姿勢です。
b0377882_10581060.jpg

b0377882_10583369.jpg
人にガンガン甘えてくるタイプではありませんが

撫でる手を拒絶することなく

抱き上げることもできます。

まだ収容されてからそれほど日は経っていないので
まだまだ本来の明るさが出てきていないだけかもしれません。

新しい一面を見つけ次第、また紹介したいと思います。













どの子も幸せになってほしい!
ボラさんたちの
想いが溢れているレポートです!!


キャロットちゃんもお世話になりました。
幸せへのバトンを受け取らせて頂きました。
ありがとうございました。m(__)m






ちばわんさんの
愛護センターレポートはこちらです。







キャロットちゃん


実物。可愛い子でした!!
かーなーり。可愛いですっ!!!



お楽しみに♪♪












りこちゃんの情報お願いしています。


[PR]
by uniuniuniunishiji | 2018-05-14 11:19 | Comments(0)